長野県松本市の親子一体型学習塾【 学び舎CRAM(まなびやクラム)】です。梓川教室(梓川)、セントラル・ビオス教室(大手)、家庭教師で授業をおこなっています。

TEL 0263-87-7889
〒390-1701 長野県松本市梓川倭923-4
FAX 0263-87-9372

資料請求・見学のご相談

所在地

梓川教室

〒390-1701
長野県松本市梓川倭923-4

セントラル・ビオス教室

〒390-0874
長野県松本市大手2-9-23
複合福祉施設 セントラル・ビオス

CRAM SNSはこちら

学び舎CRAM Twitter
学び舎CRAM Instagram
学び舎CRAM Facebook

CRAMの通い方

梓川教室
セントラル・ビオス教室
家庭教師・個別指導
不登校⽣
CRAM の特徴


CRAMの設立経緯と目標
CRAMの指導形態と特徴
CRAMの学習概念

CRAMの設立経緯と目標

私たちCRAMの講師陣が念頭に置いていること。

それは、学校、勉強、受験に関するお悩みは生徒のみならず、そのご家族(特にお母様)のお悩みでもあるということです。

 勉強にやる気を出してくれるだけで、充分に嬉しいんだけど…
 勉強習慣が身に付いてくれれば、この先も安心できるのに…
 進路、将来の話を子供としっかりしたいけど、中々機会が作れない…
 親から勉強しなさいと言っても聞かないから、誰か代わりに言ってほしい…
 勉強の意識は出てきたのに、やり方が分からないと子供が言ってる…
 部活は最後まで頑張ってもらいたいけど、勉強もなんとかならないかしら…
 前の学年の内容からわかっていないみたい。どこから復習させればいいの…
 総合テストで点数がかなり落ちてしまった。志望校はもう無理かしら…

保護者様の持つお悩みや疑問は数多くあると思います。

また、それらを相談する相手にも、お困りなのではないでしょうか。

私たちは保護者様のお悩みを解決するための良き相談相手になりたいと思っています。ご家族が安心できる、より所となるような塾を目指しています。

CRAM の特徴

学び舎 CRAM では学習習慣を身に付けることを大切にしています。そのために「PDCA サイクル」を活用していきます。 
「PDCA サイクル」とは、もともとは事業活動における管理業務を円滑に進める⼿法の1つです。 

「Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」 
を繰り返すことによって、業務の中で問題点を⾒つけて改善策をつくり、よりよいものをつくって継続していくことに役立っています。
このサイクルを自分で構築して、円滑に運営できれば、いろんな物事がスムーズに進められるようになります。


学び舎クラムが提唱するPDCAサイクル。

自律的に計画を立て、物事に取り組む癖をつけることで

目標を達成する能力が高まります!

CRAM の特徴

CRAMの学習概念

学習の絶対的2面性

 学習においては、インプットとアウトプットの2面性があります。
 インプットは知識を吸収すること、アウトプットは知識を利用することです。
 勉強方法の質問で、英語長文はとにかく数をこなせば良いのか、精読してじっくり取り組めば良いのか、と問われることがよくありますが、答えとしては両方必要です。
 知識を吸収、整理するためには精読をするべきですし、知識を使えるようにするためには数をこなすべきです。
 勉強はインプットとアウトプットを区別しながら、意識的に取り組むことが大切です。
 インプットは何度も何度も繰り返して定着させる環境が必要で、アウトプットは吸収した知識を実践的に使う環境が必要です。

インプットとアウトプットの過程

勉強にはプロセスがあります。

インプットアウトプット
①『認知』例えば一次関数というものがこの世に存在すると知る
②『理解』公式を把握、傾き=変化の割合、切片等を知り計算する
③『反復』繰り返す
④『定着』記憶に残る、わかる
⑤『演習』知識の使い方、利用法を知る
⑥『反復』パターン把握、パターン慣れをする
⑦『成果』成績が上がる、できる

①~⑦までのプロセスは変えられず、飛ばすこともできません。

学校やこれまでの学習塾では、一生懸命①、②をしている状態で、如何に内容の良い授業であっても③が出来ない、繰り返そうとすると時間が足りないという現実を避けられませんでした。


映像授業の導入理由

そこで、繰り返し視聴できる映像授業で①~③を効率良く実施し、④を果たす(単元毎テストで確認)ための手段とします。

映像授業はインプットのプロセスを非常に効率的に行うことができるものです。なお、映像は編集がされている、つまりは内容が洗練されているもので、質の高い、わかりやすい授業となっています。

また、インプットを効率的かつ自分のペースで行える環境にしたことで、CRAMの講師陣はアウトプット授業に専念しています。

そして、これが一番の目的ですが、生徒、保護者様と接する時間を格段に増やせます。学習、進路相談は勿論、普段生活の事柄にまで耳を傾けられるようになります。何気ない会話も含め、多くの対話を通して生徒、保護者様との距離を縮めていきたいと切に考えています。距離が近づけば、ご要望もこちらに伝えやすいかと思います。私たちがご提供したいのは、目先の知識ではありません。生徒、保護者様にとっての、より所なのです。


質問が可能

映像授業を見ていてわからない所、問題集をしていてわからない所があってもいつでも質問ができますのでストレスなく学習を進められます。

なお、質問はLINEでも受け付けます。これはレコード学習(躓いた箇所を記録)をする意味で有効なうえ、気軽さが増します。


単元毎テスト制

学習の④『定着』具合を徹底的にチェックするため、単元毎にテストを実施します。

満点が取れないと次へは進めません。間違えた所があれば、今一度映像を見直してみたり、問題集を解き直してみることで、③『反復』が更に重なります。

反復をすることで、新しい発見、違う見方に気付くものです。再テストの際は、担任にアドバイスを受けてみるのも良いでしょう。


担任制と映像授業のハイブリッド

さて、勉強においてはアウトプットのプロセスも忘れてはいけません。映像授業の弱点は⑤~⑦までのプロセスが不十分なことです。

更に、どの映像から見ればいいのかわからない、わかった気になってしまうといった問題もあります。

そこで、学び舎CRAMでは、定期的かつテスト前にはスポット授業(演習授業)を導入し、⑤~⑦を充実させます。担任を配置し、生徒指導、学習管理も徹底します。担任は視聴状況が詳細に確認でき、苦手や弱点が把握できます。スポット授業等からも併せて理解度を把握し、それを元に映像授業の見直し等のアドバイスを行います。戻り学習が必要であれば、体系的な映像視聴順番も指示し、ペースメーカーとなってサポートします。更に、学習相談員と担任が情報を共有し、連携して生徒さんをサポートいたします。

また、生徒の様子を見て、元気が無ければ声をかけたり、やる気を出させるために励ましたり、鼓舞したりもします。一緒になって頑張ってくれる担任がすぐそばにいます。そして、当然ですが、お子様の状況は定期的に保護者様へご報告いたします。


スポット授業

スポット授業は、要点単元の補強とテスト勉強会を行っています。

ここでは講師や担任が直接指導にあたりますが、「公式を覚えなさい」といった授業はしません。インプットは映像授業と単元毎のテストで実施していますので、吸収した知識を講師ならどう利用して問題を解くか、をレクチャーするアウトプット演習です。

中学生は5教科全て、高校生は数学、英語を取り扱っていきます。週毎に科目が変わり、自身が選択している映像科目については無料で受講することができますので、積極的な参加がおすすめです。


中学生は語彙力養成講座付き

自分自身でインプット、アウトプットを出来るためには最低限の読解力が必要です。

読解力を身に付けるために、まずは語彙力を養います。

教科書の内容や学校授業で先生の言葉の意味が解らない、ということが起こらないように、この語彙力養成を最優先に行い、全科目共通学力の基礎、土台を築きます。


高校合格がゴールではない!

中学生の時期から将来のキャリア形成に向けて、トータル的にCRAMがサポートします。

やりたいことが決まっている生徒さんには、どの高校を目指し、どのくらいの成績をキープし、どの大学の学部学科に入学すべきか、までを見据えてアドバイス可能です。大学受験は全国の進学校、高校生と勝負になりますので、1年生からの準備が必須です。

又、推薦も視野に入れる場合は1年1学期の評定も関係してきます。つまり、入学最初のテストから勝負は始まっているのです。


今後求められる人材

大学入試改革に伴い、センター試験が共通テストへと変更になります。

入試改革の背景には第4次産業革命が起きていることと密接な関係があります。現在はAI、IOT、ビッグデータとモノが情報を発信する時代になりました。単純労働はAI、ロボット化が進み、10年後には現在の職業の半分は無くなると言われています。

これからは管理、統括能力や企画力、発想力、独創性といった、まだロボットにはできない力が求められることになります。急激な社会変化に対応するため、文科省は学校教育法に定めた身に付けるべき力(生きる力)、それを身に付ける時期を2段階早めました。

学校教育法30条2項 生きる力

これまでは右図の①を小中高で身に付けさせていましたが、これからの社会変化に対応するため①、②を小中高で身に付けさせていきます。

②の能力を測ることが必要になったために大学入試改革(記述問題追加)が打ち出されました。大学入試のみを変更するわけにはいかないため、高校入試も大学入試の変更と同じ影響が出ているという経緯があります。

これまでは①のみの学習で事足りてきましたが、今後は②も求められるため、純粋に学習量は増加(①+②)します。

①あっての②であるため(①はピラミッドの1番下)、②のみの学習はあり得ません。①がインプット学習であるならば、②はアウトプット学習です。

更に、②は記述問題が多いため、今まで以上に前述の「語彙力」が必要となります。